2007年02月28日

『パセリ』♪ん〜、がんばってみるよ〜♪

先日届いたマルチブレンダー、活躍しています黒ハート

お米もドロドロになるし、食べてくれなかった鶏のハツだって、ドロドロにして食え、食え!ってなもんです(笑)

この調子でレバーも克服できんかな〜と期待してますが、まだ試すのは躊躇してます。
ほかのも一緒くたに総残ししそうでっどんっ(衝撃)

まだレバーは試せないけど、腎臓に良いというパセリを昨日チャレンジしてみました。
以前にも一度試したんですが、あの時は生であげたのが良くなかったのか酷評たらーっ(汗)
今回は「紅茶のようにお湯をかけて」って書いてあったのを読んだので、そうしたら全然気にせず食べてくれました。

庭に植えてるパセリを収穫するついでに、花かわいいを撮ってみました。

blog_hana1.JPG
ピンクと白のツバキ。

blog_hana2.JPG
群生する沈丁花。香りも届けたいです。

blog_hana3.JPG
毎年、良い香りをありがとうわーい(嬉しい顔)

ニックネーム ぬーなー at 14:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 病気、食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

ハッピーバースデーげんご(≧ε≦*)ブチュー!

お誕生日おめでとぉ、げんごーーーー黒ハート黒ハート黒ハート
思いっきりラブっヽ(≧∀≦)/

思えば、げんごと会って、もうかれこれ7年。
はやっ。

ゴミ箱の中にも余裕で入ってたオチビちゃん。
gen1_1_1.JPG

昔「もう死ぬんじゃないか」ってくらい弱ったことが一回あったねー。
病院通いも何ヶ月かしたねー。
5歳までは軟便だったし、ビビと張り合うくらいに手のかかる子だったねー。
今では信じられないけどねー。

ビビアーナはいまだに手がかかるけど、ビビアーナにこれだけ集中できるのも、すべてげんごの元気さと、良い性格のおかげ。
「いつも元気でゴロゴロ言ってる」から付けた「げんごろう」の名前そのままのげんごに、私はいつも癒してもらって救ってもらって、感謝でいっぱいですよアリガト

ワタシはげんごに「良い子、良い子ぴかぴか(新しい)」って言い過ぎるクセがあって申し訳ないほどなんだけど、それをプレッシャーに思わずに、自分勝手に気ままにストレス発散しつつ、楽しい気分でいてちょーだいね。

で、7歳のお誕生日のげんご。

blog_gen79.JPG
横。

blog_gen80.JPG
後ろ。
サップっていうか、オシリみたいな形になってきたあせあせ(飛び散る汗)

blog_gen81.JPG
前。
今日もよー寝とりますハートたち(複数ハート)
ニックネーム ぬーなー at 16:44| Comment(4) | TrackBack(0) | げんごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

げんご、シニア前日。

明日で7歳、シニアの仲間入りのげんご。

シニアなのに、あいかわらずビビアーナを舐めたくて舐めたくてしょうがない、その気ムンムンな日々を送ってます。

わが家のチョイ悪オヤジ。

blog_gen78.JPG
高倉健さんのようなシニアを目指します!!

高倉健さんでも緒方拳さんでも渡辺謙さんでも誰でも良いから、がんばれ、げんごハートたち(複数ハート)
そしていつかビビアーナに振り向いてもらいなさい。

「あー、もう二匹ともシニアか・・・」とちょっと切なめな本日デス
(´・ω・`)ションボリーナ。
ニックネーム ぬーなー at 15:12| Comment(3) | TrackBack(0) | げんごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

キャロこん、久しぶりのお客さま。

昨日は、さー坊さんが姉の家に来てくれて、夜中まで食っちゃしゃべっちゃしました。
モツ鍋、美味しかった。はふぅ〜ん(≧ω≦)黒ハート

キャロこんは、とても愛想良く、終始ゴキゲンでした。
blog_carokon10.jpgblog_carokon11.jpg
「夜遅すぎて、眠いわい。朝日がまぶしいわい。」

blog_carokon12.jpg
天真爛漫というか、悩みがないというか、陰がないというか・・・。
つまりオバカ?
そんなキャロこんでした顔(笑)

blog_carokon13.jpg
「さー坊さん、また来てね〜わーい(嬉しい顔)
この顔、一段とオバカっぽいね。こん吉くん(笑)
ニックネーム ぬーなー at 15:37| Comment(4) | TrackBack(0) | キャロライン、こんぺいとう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

久々キンギョーズ

久しぶりのキンギョーズ魚

何ヶ月ぶりかで水替えしました。
本当に水がまったく濁らなくて、水槽のガラス面の苔を取るだけで良くて、ビビげんと違って手間いらずな親孝行キンギョーズ。
水替えなんて必要ないんですが、やってみました。

水替え中にバケツに入れられてるキンギョーズ。
blog_kingyo4.jpg

とにかく色が濃いんですよ、ホント綺麗。
そして、網でもすくえないくらいのパワー&スピード。
「元気にもほどがあるだろ、オイパンチ」デスハートたち(複数ハート)

blog_kingyo2.jpg

↑この写真、シッポの格好が2匹とも良い感じデショ?黒ハート

更紗(赤と白の模様のある金魚のこと)だった昔が信じられないくらい全身が赤になってしまった寿子
もう金さんとの区別が上見ではいっそ出来ません。
唇が白いから「あ、キミ寿子ひらめき」って分かるくらいです。

blog_kingyo3.jpg

その異常なまでの元気さで、長生きしてください(=⌒ー⌒=)
ニックネーム ぬーなー at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | キンギョーズ達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

むっちゃ楽しみっヽ(≧▽≦)/

ビビげんの野菜嫌いを克服するため、どうしても欲しかったもの@ハンドミキサー。

今まで根性で包丁でみじん切りにしてましたが、やっぱり「ペッ」ってしちゃうんですよバッド(下向き矢印)

で、大好きで大好きでたまらないカンガルー肉と一緒に混ぜるしかないか、と。
ハンドミキサーでペースト状にした野菜と、そのままだとかなり大きなぶつ切りのカンガルー肉をハンドミキサーでミンチ状にして、一緒に混ぜようっていう作戦。

でも、これが作戦通りに行くかどうか分からないのにハンドミキサー買うのもなぁ、って躊躇してたわけです。

そしたらなんとDORAさんが、かの有名なバーミックスを持ってるっていうので、使わせてもらいに行きました。
DORAさん、ありがとうアリガト顔(笑)

結果は、鶏胸肉もカンガルーも野菜もすごく大満足なこっぱみじんぶり&ペーストぶり&混ざりぶり(笑)

ほとんど野菜だったそのドロドロペースト。
野菜が多すぎて食べないだろうと思ってたら、アナタ!
もうビビげんともにガッツキですよ、残さず完食ですよ。
見た目には野菜ばっかりだったけど、ちゃんとお肉のニオイがしたんだろうと思います。

あ〜ん、ワンダフルぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

というわけで、さっそく楽天チェーーーック。
バーミックスは到底手が出ないので、お値段の割りに高評価なマルチブレンダーをチェック。
そしたら、なんとちょうど一店舗だけ楽天オークションをしてたお店がありまして、楽天最安値よりさらに1,300円も安い5,600円で落札できました。なんてラッキー!




到着は25日予定。
ますます楽しい手作り生活がはじまりそうです黒ハート黒ハート黒ハート
ニックネーム ぬーなー at 00:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 病気、食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

ビビアーナ、よく頑張ってくれましたPART5

ひっぱりにひっぱって来ましたが、本日とうとう最終話です。
明日から何を書こうか、と今から悩んでおります( ̄▽ ̄;)

さて、アレルギー検査と歯石除去以外にやってもらったことは以下。
●尿検査
●糞便検査
●血液型検査

まず、尿検査
これがまた自宅で採尿できれば良いんですが、オシッコしてる途中におたまで受けるとか無理なんです、ビビアーナ。
すのこ式のトイレに砂を敷かずに、下に溜まったのを取ろうともしたんですが、鳴くんです、「砂がない〜あせあせ(飛び散る汗)」って。
当然、麻酔無しでカテーテルさせてくれるようなヒトでも無いですしね。
なので、せっかく麻酔かけてもらってるんだから取ってもらいました。
結果は、比重も問題なく、たんぱくも問題なく、ただニオイが腎不全予備軍っぽかったそうです。
ハイッ、注意しますっ手(パー)

次に、糞便検査
過去にも6ヶ所の病院で、計何回したか分からないくらいしてもらってますが、今回もやっぱり虫とか出ませんでした。
いっそ虫が出てくれれば、駆虫して下痢も治るのに・・・っていつも「虫さん、虫さん、出てくださいClap」と祈ってるんですがね。
ただ、下痢なので細菌はフツーに増殖してたそうです。
今までの薬はほとんど効いてないので、今まで出てない薬を選んで先生が出してくれました。
コレ、今のところ結構効いてます!!
「アレルギー検査の結果が出る前に治ったりしてるんるんるんるん
ってちょっと期待してますが、今までもそうやって期待して完治したことないので、ガッカリしないためにも期待しすぎは禁物です。

最後に血液型検査
ビビアーナ、過去の苦い経験から『血液型B型疑惑』が私の中でずっともやもやしてて、でもまぁ切羽詰ったものもないから放っておいたんですが、もしなんか事故や貧血で輸血だなんだってなった時には大変なので、今回ついでに血液型も調べてもらいました。

blog_ketsueki.JPG

結果は、案の定B型でした。

※猫の輸血の際の適合非適合の別はこちら
ここには「血液型はそこここの病院で調べられない」と書いてありますが、その病院に血液型判定キットがあれば調べられますデス。

当然でしょうが、先生も「うちの猫ちゃん達もみんなA型だから」っておっしゃってましたし・・・輸血が必要にならないよう注意し、お祈りし、生活します。

そんなこんなで、ビビアーナの長い長い一日は終わりました。

今のところ、下痢も落ち着いてるし、歯も綺麗になったし、全て順調ですぴかぴか(新しい)
アレルギー検査の結果だけがまだですが、結果が出たらまたお知らせしま〜す。
ニックネーム ぬーなー at 18:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 病気、食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

ビビアーナ、よく頑張ってくれましたPART4

しつこく続きます、ビビ@病院のお話。(ひっぱるねー、ワタシ顔(ペロッ)

4日目となります本日は「歯石除去」のお話です。

「全身麻酔をしてまで歯石除去は必要か!?」
いろいろな考え方、歯石の程度によって違うと思いますので、触れません(笑)

私もアレルギー検査がなければ、ビビ程度の歯石だったら麻酔はかけませんでした。
でも、こんな風にゴハンが食べられなくなるほどひどくなったら、なりそうだったら・・・どうにかしなきゃ!です。

こちらのサイトにたくさんの「歯石除去・前と後」の画像があります。
このサイトは麻酔をかけずに歯石除去をしてくれるつわものトリマーさんのサイト(う〜ん、理想的ぴかぴか(新しい)
ところどころされてるコメントがズシンと来ます。

ズシンと来た私は「もう歯石除去の麻酔はイヤだ!」と身にしみて思っているので、
mouthcare_new.gif
歯石除去の翌日から、とりあえずこれの乳酸菌パウダーを使うようにしました。
※画像をクリックするとリンク先に歯周病菌の怖さが書いてあります。

出来れば猫用歯ブラシとか綿棒とかでケアさせてくれるのが理想ですが、とりあえず指で。
そのパウダーをつけた指を口の奥にヌッと入れても、ビビもげんもそれほどイヤがらないので助かりますわーい(嬉しい顔)
目指せ、歯ブラシ猫ぴかぴか(新しい)

最後に、歯石除去後のビビアーナですが、
@「新庄ビビアーナか!?」ってくらい輝く白い歯になりました。
上の奥歯なんて「まれに見るヘビースモーカー?」なほどの色だったのに。
Aドライフードを顔を傾けずに噛むようになりました!
Bそして、なんと、なんと!口臭がまったく無くなりました!
口臭って歯周病から来るんじゃなくて歯石から来てたんデスカ??
それも不思議でしたが、とにかく口臭がゼロになったのは事実でゴザイマス。

ほっといたらまたすぐに歯石がついちゃうから、今後は予防に励みます!
昨日に引き続き所信表明な感じで。

あ、今日の記事。
言っときますが「歯石除去を勧めてる」わけでは決してございませんよ。
なんせ麻酔ですから。
ニックネーム ぬーなー at 00:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 病気、食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

ビビアーナ、よく頑張ってくれましたPART3

昨日からの続きで、今日はアレルギー検査について。

ビビアーナの受ける検査は、
『スペクトラムラボジャパン』という会社の検査です。

このページに犬・猫で調べてもらえる項目が出てます。
「草とか樹木とかそんなにいろいろ要らないから、食べ物もっと増やしてどんっ(衝撃)
って思う勝手なワタシ( ̄ー+ ̄)フッ

●血液と腸壁(皮膚)ではアレルギー反応が違う。これはあくまでも血液でのアレルギー検査だ、ということ。
●体調、体質は常に変わるので、いま調べて大丈夫なものでも、次に調べたらダメになってる場合もその逆もあること。


などなど、本当に不確実な検査で、先生も全然乗り気じゃなかったです(^-^;
でも「取り除いていく優先順位だけでも知りたいから」って私がごり押しした形で納得していただきました。

とはいえ、本当はそんな事より、私の理想は、何度も言いますが、
「アレルゲンを取り除くこと」じゃなくて、
「なにを食べても大丈夫な体質改善」でございますぴかぴか(新しい)

でもそんな事を言ってられない切羽詰ったものもありましてネ。
これからは
「アレルゲンを知った上での体質改善」を目指していく所存ですexclamation×2
いちお所信表明的な感じで。

どんな結果が出て、その後それを実践してどうなるか、まったく分かりませんが、まずは2週間後の検査結果を待って、それからです。

blog_vivi83.jpg
「果報は寝て待て」デス眠い(睡眠)
か、か、かわいぃぃ〜んハートたち(複数ハート)←バカ。

blog_vivi84.jpg
じゃかましい、うぜぇむかっ(怒り)
ニックネーム ぬーなー at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 病気、食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

ビビアーナ、よく頑張ってくれましたPART2

昨日の続きです。
麻酔とか歯石除去とか知っておきたい飼い主さまへ。
あくまでも、わが家のかかりつけ病院での今回のビビの処置の流れですので、ご参考程度にどーぞ。
興味のない方は、長文にもほどがあるのでスルーでどーぞ顔(笑)

午前中にお預け

●説明後、同意書に署名捺印
●血液検査
●静脈点滴
●麻酔(心電図モニター付で)
●処置
●静脈点滴

夕方6時お迎え

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

まず腎臓、肝臓の値をしらべるための血液検査
これプラスX線で心臓の状態とか調べる事もあるそうですが、ビビの懸念は腎臓だけだったので、それは省略。

ビビアーナ、今までも年に一度の血液検査で腎臓の値が高めではあるものの何とか範囲内におさまってたんですが、今回はじめてBUNとCreの値が基準値を若干オーバーしてました。
まだ治療が必要なレベルじゃないけど、食事のコントロールが必要。
ハイ、がんばりまっす手(グー)


「事前検査で異常がなくても、特に純血種は麻酔中に急に心電図に異常が出ることもあるので、その時はすぐに中止します」等、麻酔の危険性についても再度説明を受け、同意書に署名捺印しました。

で、その後に静脈点滴
腎臓の悪い子は、麻酔前後や麻酔の最中に静脈点滴をして体内に水分を十分入れておくことが必要です。
ビビの場合は、麻酔の前後に入れてくださったようです。

そして処置が済んで、また静脈点滴をした後に、麻酔がほとんど覚めてからお迎えしました。

各検査の詳細は、また明日以降に。
自分の記憶整理のためも少しはありますが、なんせネタ不足なので、ひっぱりたいだけデス黒ハート

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

下余談。

ブログには書きませんでしたが、実は先週の火曜日に、アレルギー検査用の採血を麻酔なしで試みたんです。
足からのいつもの採血ではなく、大量の血が必要なので首からの採血。

「シャー」は言うもののジーッと動かずに針も刺せて、いいところまで行くんですが、突然なんの前触れも無くピョーンとウサギのように跳ねるビビアーナ。
全身の力で、ただ跳ねる。保定してても効き目なし。
THEアビシニアン?

それでなくても、ビビアーナはいつも血の出が悪いし、なぜか皮が硬いらしい(笑)
それで先生も悪戦苦闘しながら3度も針をさしてくれたんですが、その度にビビアーナが跳ねて、ムリ。
なんせ首ですからね、危険です。

というわけで結局麻酔に決めたワケですが、その麻酔なしでチャレンジした時に、先生の苦労を見かねて
「剃っていいです!思いっきり剃ってください!剃るくらいの事でちょっとでも簡単になるんならバリバリ剃ってください!」
って言ったんです、ワタシ。
そしたら先生は嬉しそうに、でも遠慮しながら首を少しだけお剃りになられました←ミョーに敬語(笑)

結局は剃っても無理で、土曜日に麻酔してからということになったんですが、そのとき私が毛を剃る事にぜんぜん抵抗なさそうだったからか、麻酔が覚めてお迎えに行ったら、今度はムッチャすさまじく剃られておりまして・・・そりゃぁもうぶったまげました。
先生、思い切ったね・・・。

blog_vivi81.jpg
なんか首がスースーするわ。

blog_vivi82.jpg
静脈点滴の腕のところも剃られたわ。
後ろ足にももう一ヶ所ハゲがあるわ。


ってなわけで、いまビビアーナはブサイクです(--;)
ニックネーム ぬーなー at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気、食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする