2012年08月02日

子猫の思い出・チャー編(子宮脱事件・前編)

みなさん、こんばんは!
ずんじ、おめでとう!おめでとう!
おめでとう!ありがとう!
4年前は小生意気だったのに、だから純二だったのに、
いつの間にか成長してすごく立派な子になって。
うちの純二はいまだに小生意気なのに(´∀`)
立派すぎるインタビューに泣けました!ありがとー!
2012080203300000.jpg


さて、ずんじの話も延々としたいのですが、
本文がチョー長いので話を本題に戻します。
今日はチャーの思い出編。
今回で廃園の平田保育園・最後の卒園生チャー。記念すべき子です。
blog_cha1.JPG
パルボ疑惑の時、グッタリして心配させ、
ひとりだけ開眼するのが遅くて、ちょっと心配させ、
貰い手がなかなか見つからず心配させました。

結局、この子たちのお母さんの飼い主さんの家に行くことになったチャー。
お母さんとお兄ちゃん、お姉ちゃんと暮らします♪
お母さんのミミちゃん↓
blog_cha7.jpg

せっかくなので、今回はお母さんの壮絶な出産ネタを書いておこうと思います。


ミミ母さんは息子チョロ君と娘トラちゃんとともに、飼い主さんに保護された野良さんです。
保護された時には妊娠してて、血液検査も良かったので、
ワタシがお願いしてそのまま産ませてあげることにしてもらいました。

2012/5/27夜。
飼い主さんが帰宅したらミミ母さんが4匹の子猫を産んでました。
しかし、なにかが出てる、詰まってるようだとのこと。
飼い主さん宅に行ってミミ母さんを見たら、これは尋常ではない。
すぐに夜間救急病院に向かいました。

先生が「子宮脱です。助かるかどうか分からない、五分五分です」
そうおっしゃった時のショックは一生忘れられない(〒Д〒)

子宮脱って子宮が裏返ってポコッっと出るんです、ご存知ですか?
裏返って出てるので血管だらけで、傷がついたら出血多量でダメなんですって。
なので出てるのをそのまま切ったり
出たまま避妊手術のように子宮ごと取ることは出来ないらしく、
出てる子宮をとにかくまずは手で押し込まないといけない。
最初ワタシがミミ母さんを見た時は5センチほど出てた子宮が、
押し込む前に点滴で体力を整えてる間に10センチくらい出てきてて、
それをいざ押し込むのがまぁ壮絶すぎる地獄絵図。
押し込むのにどれだけの時間がかかったか分かりません。
時間の感覚なんてなかったです。
そして、押し込んだあとそのまま麻酔もせずに縫う。
何針縫ったか分かりません。
ワタシ、思考回路働いてませんでした。

ミミ母さんの叫び声と、一緒に悲鳴をあげる飼い主さんの声と、
飼い主さんを叱り飛ばす獣医さんの声と、ミルクを求めて鳴く4匹の子猫の声。
緊迫しきった病院の中でただひとりワタシだけ子猫にミルクを飲ませることと闘ってました。
ワタシが産ませてあげてくれと頼まなければ普通に堕胎手術をして、
こんな苦しみを味わうこともなかったミミ母さんの生死がかかってましたから、
頭の中は「ミミ母さん死なないで」でいっぱいで、子猫への意識がまったく無く、
余計にミルクを飲ませられず、すべてがパニックでした。

当のミミ母さんは痛みで叫び声はあげたものの、咬もうとしたり引っ掻こうとしたり、そういうことは最後までしませんでした。
天然記念物に指定したいくらい感動モノの良い子でした。

9時に着いた夜間救急病院。
救急で出来ることをしてもらって病院を出たのが、夜中の2時。
家に帰ったのが3時。
先生たちも結局4匹のうち2匹しかミルクを飲ませられないまま、
子猫たちの命はすべてワタシひとりに託されました。
…不安の極致(〒∀〒)

それから休む間もなく3時間おきの授乳生活が始まり、
blog_cha2.jpg
カルミの脚のリハビリだのパルボ事件だの紆余曲折ありまくりの中、
子猫たちは我関せずでスクスクと育っていきました。


で、なんでしたっけ?(´∀`)
チャーの思い出でしたっけ?(´∀`)
blog_cha3.jpg
チャーは人一倍あまえんぼうで、人にくっついて寝るのが大好き(//∀//)
ちょっと癇癪持ちで、顔もひとりだけブサイクで、
シッポがとんでもなく曲がってるけど、愛すべき甘えん坊です(//∀//)
blog_cha5.jpg

飼い主さん宅で、スヤスヤ眠るチャー。
blog_cha6.jpg
毎晩一緒にベッドで寝てるそうです♪
良い子に育てよ、チャーたん♪


で、この日だけで終わらなかった恐怖の子宮脱事件は、
後編に続きます(〒∀〒)

ニックネーム ぬーなー at 03:45| Comment(8) | TrackBack(0) | ふみごろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更新時刻、ナンカ変だよ^m^

さて、それはともかく…
ずんじ、すごいね♪やったね!!


チャーたん、ていう名前だけで、絶対にカワイイ!誰が何と言っても、カワイイ!!
ミミ母さん、よく頑張りました。
あらためて読むと、とんでもなくすごい話だったけど、コレに後半のアレが続くのね。



Posted by DORA at 2012年08月02日 08:45
◆DORAさん。

更新時刻は予約投稿の失敗例です(`∀´;)
ずんじのとこだけリアルタイムで書いて、
本題部分は昨日書いてた♪

ともあれ、ずんじおめでとー!
そして感動をありがとー!すごいね♪

チャーたんは、ブサイクよ?(笑)ほんまよ?(笑)

>コレに後半のアレが続くのね。
はい。お察しの通り後編の主役は純二です(´∀`)
Posted by ぬーなー@やる気マンマン管理人 at 2012年08月02日 13:05
姉さん、事件でつ!

いやはや、こちらも大事件でしたね。
まさかミミ母さんがこんな状況になるとは、誰が予想しただろうか?

産まれきた子猫は可愛いけど、ホントそんな余裕なかったですもんね…

そして、この窮地を救ったのは…!!(つづく)
Posted by らーめんK at 2012年08月03日 12:23
◆らーめんKさん。

ほんと大事件勃発しまくりだったよね( ̄∀ ̄;)
今もワタシは「まだ何かあるんじゃないか」って内心ビクビクで、
ふみが何かするたびに「大丈夫!?」って
やたら心配性になっとります。
もう終わったんかな、あの流れは。
どうなんじゃろ(´・ω・`)
完全なトラウマ(笑)

まぁワタシには純二がついとるけん(//∀//)
守護神・純神が(//∀//)
Posted by ぬーなー@レスに燃える管理人 at 2012年08月04日 13:33
チャーたん、こんにちは(*^。^*)

おばちゃんね、なんか嗚咽がもよおしてきた…
すごかったんよ?
みんなすごかったんよ?
おばちゃんも冷静な判断なんか分からんかったんよ。
とにかくミミちゃん母さんが助からんと!!ばっかりだったんよ?
なして?なして猫神?思うたんよ?

でもこの思い出すだけでも気分不良がおさまらない状況は、現実だったんよ。
ミミちゃん、ありがとうね。本当にお疲れ様でした。
獣医さんにも捨てる神あれば拾う神あり。
結局、猫神の仕業か…

やっぱりぬーなーさんそのものが猫神…
そして後編へ。
Posted by ゆたか(*´∀`) at 2012年08月05日 11:00
ミミ母さん、ぶち美人じゃんか!!
Posted by さ at 2012年08月06日 21:49
◆ゆたか(*´∀`)さん。

>なんか嗚咽がもよおしてきた

大げさなんよね、とにかくね( ̄∀ ̄;)
集団パニック症候群じゃったけんね( ̄∀ ̄;)
その中でもなんせとにかくゆたか(*´∀`)がひどかった(笑)
なんせ耳にまでビニールかけとったけん。
そのくせエアコンかけんかったけん。
熱中症なるけん( ̄∀ ̄;)

猫神にはもういい加減どっか行ってほしい。
あの猫じゃらし、根っこごとあげようか?
Posted by ぬーなー@管理人 at 2012年09月09日 21:03
◆ささん。

そう?
ふみさんが一番かわいいよ?(´∀`)
Posted by ぬーなー@管理人 at 2012年09月09日 21:04
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3228453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック